Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://rio990.blog.fc2.com/tb.php/62-4b994b6d

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

【参加者募集】名古屋英語ディベートサークル

今回のブログは趣向が違いますのでご了承いただきたく存じます。
今回は私も参加している「英語ディベートサークル」へのお誘いが目的です。

【サークル情報】
 名称   :名古屋英語ディベートサークル
 開催場所:芸術創造センターの小会議室 ※名古屋市(新栄駅近く)
 曜日   :毎週土曜日 (会場の都合で不定期休)
 時間   :18~21時ぐらい
 料金   :200円/人 (タダみたいなもの)
 URL   :http://englishdebating.gozaru.jp/
 募集理由:もっと多くの方に「英語ディベート」の魅力と効果をお伝えしたいため。

参加希望者はディベート開催日(開催日はURL参照)に現地集合して下さい

所で皆様、ディベートと言って、どんなイメージをしてますか?
例えば、こんなイメージをお持ちでないでしょうか?
「言葉という武器で相手を無理やりにでも捻じ伏せ、とにかく相手より優位に立つ!」
といった、「言葉の力ずくゲーム」じゃないでしょうか??

実はディベートは「論理的なゲーム」なんです。

これをやっていると社会人にとって必要な以下の能力が身に付きます。

・思考力
 1 論理的思考力
 2 瞬時に考え判断する能力、瞬発的思考力
 3 批判的思考力 

・発信力
 1 短時間で的確に主張をおこなう能力
 2 意図を的確に伝える構成力

・傾聴力
 1 問題意識を持って聞く能力
 2 話の意図を的確に把握する能力

といった能力です。


これだけだと、普通のディベートサークルですが、このサークルはすべてのことを英語でおこなうため、「英語」で論理立てて発言、確認したり、反論したり、まとめたりします。

私自身、この英語ディベートサークルに参加するようになって9か月ぐらいたちました。
その間、自分の感じたことや思ったこと、そして相手の意見と論理的に弱い部分を突いた論理的な発言が数か月参加し続け、何とかできるようになりました。そうなると、最初は英語ですべてのセリフを紙に書いて発言していたのが、メモには自分と相手の論点だけして、あとの発言、質問、反論は英語で瞬時に直接英語でアウトプットできるように徐々になってきます。

自身の英語ディベートの効果として、私は先日の英検準1級の2次面接に合格しました。あまり対策らしい対策はしてこなかったのですが、英語ディベートサークルのおかげで、自分の思ったことを論理立てて発言するクセが身についておりますので、質問に対して瞬時に返答が用意でき、それも論理的に話を組み立てることができましたので、余裕をもって合格することができました。

もちろんTOEIC、英検を軸に英語を勉強するのもいいのですが、英語力の幅を広げるためにも、よかったらこの英語ディベートサークルにご参加してみてはいかがでしょうか、楽しいですよー!
(^-^)/
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://rio990.blog.fc2.com/tb.php/62-4b994b6d

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

Rio

Author:Rio
英語の実力は絶対的に低い私が、英語で勝負しようとする毎日真剣勝負の世界に触れ続け成長し続けようとする著者です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。